松山市の下半身専門ダイエット


よくある質問

予約をしたのですが、どのような服装でいけばいいですか?

ナカメ式ダイエットサロンにはお客様のお着替えを用意しておりますので、手ぶらでお越しください!

駐車場、駐輪場はありますか?

当サロンの裏に駐車場をご用意しております。駐車場が埋まっている場合はサロン前のコインパーキングをご利用ください。
施術後、キャッシュバックさせて頂きます。

駐輪場はサロン横にあります。

ダイエット中タンパク質をプロテインで摂ってもいいですか?

ナカメダイエット中は、夕食時にお肉を2―3人前程食べていただきます。
その理由はサイズダウン整体によって下半身を細くする施術を受けている間、しっかりタンパク質を摂取すると脚がキレイに痩せていきます。

ダイエット整体を受けると空腹感が軽くなります。その状態でダイエット中、他の物を食べてお肉の量を減らし筋肉量を減らしてしまうと、やつれてしまいキレイに痩せられません。
筋肉量を減らさないために、タンパク質を体内で利用する必須アミノ酸がバランス良く含まれている(アミノ酸スコアが高い)食品をしっかり摂ることが大事なのです。

なので、ナカメダイエット中はお肉や魚など動物性のタンパク質をしっかり食べるようにおすすめしています。

でも、仕事や環境の都合で夕食にガッツリお肉が食べられない日があったり、中にはお肉を多めに食べることが難しい方もいらっしゃいます。

ナカメ式ダイエットでは、プロテイン含むサプリ等を取り入れていませんが、 タンパク質補充方法の一つとしてプロテインパウダーを使っているお客さまは、いらっしゃいます。

〝ホエイ″は、アミノ酸スコア100。吸収力が良いのでしっかり体内で使われ、筋肉を作る材料になります。
動物性たんぱく質がお食事から摂れない場面では、利用できるアイテムです。

プロテインを選ぶ際は、大豆プロテインでは蛋白質の質が異なるので、ホエイプロテインをお勧めします。

意志が弱いです。どうしたらダイエットできますか?

一般的なダイエットは、我慢が要るのが当り前ですが、ナカメ式下半身ダイエットは努力したり頑張ったりすると上手くいきません。
【食べたいものを意志の力で我慢すること】は、ナカメダイエットには不要です。

自分の意思の弱さ、少し痩せると油断してしまう。
なんて、ダイエットと意志の力は切っても切れない関係にあると思い込んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

頑張ったり我慢したりして痩せようとしても、思うような結果が出ない経験、ありませんか?

そして、挫折 → 自己嫌悪・・・なんてことも。

でも、実のところ世の中には意志の弱い人の方が圧倒的に多いのです。
だから、ナカメダイエットは、意志力なんて長続きしない・意志なんて弱くて当たり前を前提に考えてあります。

一般的には、頑張るダイエットが主流なので意外に思われるかも知れませんが、ナカメダイエットに『我慢』、『努力』、『頑張り』は、不必要。不必要どころか、全くもって邪魔にしかなりません。
意志力でうまくいくことも時には、有ります。たとえば、朝眠くてもっと寝たいけど起きなければならない時。こんな短い間のこと、単発のことには『意志』は使えます。

でも、痩せて自分のなりたい身体になるまでダイエットしたいなら、それは持続性や継続性が問われることです。
意志力をその期間自維持できる人は、わずかだと思います。

また、必死に頑張っても『意志』を使うと、どこかで我慢や努力の限界が来てしまいます。限界が来ると、我慢していたものが逆流して爆発ということに・・・。
ダイエット中に意志の力を使えば使うほど、挫折やリバウンドの危険を増やしてしまいます。

我慢 → 爆発、努力 → 挫折、結果的にはどっちも失敗。
意識的な頑張りが長続きしないことや、継続できなければダイエットは成功しないことは、体験的にご存じですね。

そういった事柄を踏まえて、ナカメダイエットは『人の意志力は弱い』ことを前提で作ってありますから、ナカメダイエットには、一般的なダイエットに必ず有る【しなければならないコト】と【してはいけないこと】のリストが、有りません。

実は、意志でココロやカラダをコントロールしようとすること自体に無理があるからです。

空気の入ったボールを無理矢理水中に沈めても、手を離せば一気に浮き上がってくる。意志力でダイエットするということは、それと同じです。
ナカメルールは、不自然で無理なコトの代わりに、誰でも続けられるコト、簡単でコト、当たり前のコト、守ると楽しくなるコト、守ったほうが楽になるコトのガイドラインになっています。

全部自然で単純なルールだから、スポンジのボールを水中に沈めると、自然に水を吸い込んで水中になじむ・・・というようなイメージの続けられるルールです。

更に、ナカメダイエットには”食欲を抑制し、空腹感を軽減し、満腹感を感じやすくする【ダイエット整体】が組み込んであります。ダイエット整体の効果で、食欲を敵に回す必要がなくなるので、ダイエット中でも辛い思いはしなくて済みます。

意志の力で『行動』を抑えようとするのではなく、ナカメルールに沿うのに慣れることと『状況に負ける』のを知恵を使って避けることで、スポンジボールが水になじんで自然に沈み、再び浮き上がって来ないという状況を作ることが出来ます。

やってみて試してみている内に身体が慣れて簡単に続けられるので、ダイエット後の反動もありません。
だから、ナカメダイエットの卒業生にはリバウンドする人が少ないのです。

意志力は瞬発的にしか働きませんが、習慣は無意識の領域で持久的に働くので痩せた状態の維持が可能になります。
アナタにも、慣れてしまっていて気にも留めずにやっていて、何の努力もなく繰り返している何かがありませんか?

たとえば、酔っぱらって帰ってきて、寝る事しか考えてなかったと思ったけど、朝見たら無意識に脱いだ靴をそろえてあって、鍵もちゃんといつもの場所に置かれていた...なんてこと。
頑張ってないのに習慣の力が、無意識時にもしっかり働くからですね。

そんな風に当たり前だからこそ普段は気づいていない無意識の世界にある『習慣の力』を利用するのが、ナカメダイエット。
『意志の力』は要りません。

それがどういうことなのかは、考えても分かりません。

実際にナカメダイエットをしながら身体で覚えた人にしか分りませんが、体験した人の体験談を読んでみてください。

下半身痩せはどんなサロンに行っても効果が出るまでに時間がかかると言われました。ナカメ式の下半身ダイエットではどうですか?

長期的なダイエットを推奨しているサロンもありますが、 ナカメ式は、2ヶ月8回で2サイズダウンを目指す短期集中の下半身痩せダイエット方法です。

ナカメ式下半身ダイエットは、”2ヶ月8回でマイナス5キロ・パンツサイズ2サイズダウン”を目安にしています。
2ヶ月間の【短期集中】には、意味があります。

ハッキリした結果を出すためには1ヶ月では短過ぎ、3ヶ月はモチベーション維持や身体の適応反応を考えると長すぎます。
しかし、2ヶ月間なら多くの方のモチベーション持続が可能。 その間を利用して集中的に、身体がダイエットに慣れてしまう停滞期に入る前に下半身痩せすることができます。

下半身ダイエット期間は、特別な期間と考え、パッと落して、パッと見切りをつけて卒業してもらうのが、ナカメダイエットです。

なかなか運動する時間も取れないのですが、下半身ダイエットできますか?

“ダイエットには運動が必要”という考えは、実に一般的なので、意外に思われるかもしれませんが、ナカメ式ダイエットでは、 ウォーキング、エアロビクス、ジョギング等の有酸素運動も筋トレ等の無酸素運動も一切必要ありません。

女性は一般的に上半身より下半身の血流循環が悪く、下半身太りの人はなおさら下半身の血流が悪くて冷え性の人が多いので、 エアロビクスのような有酸素運動をすると、全身の血行が良くなります。

すると、もともと血液循環が良い上半身だけが痩せていくので、 有酸素運動はナカメダイエットにはマイナス作用になります。

ナカメダイエットは、生活そのものを”緩やかな有酸素運動”だと捉えています。

一日デスクの前で仕事をしている人も、立ち仕事の人も、誰もが生活の中で自然に酸素を吸って動いているからです。

普通の生活をしながら、食欲抑制の<ダイエット整体>の効果を使って気にならない程度の楽な空腹時間を長く保てるようにします。

そうすることによって、その時間の間に脂肪が勝手に燃えます。頑張って運動しなくても、体脂肪が燃えていくのです。

ダイエット中の辛い空腹感。どうやったら我慢できるでしょうか?

ナカメダイエットは空腹感を我慢しないで下半身痩せをするダイエットです。

ダイエット中の空腹感は、辛いものです。お腹がグーグー鳴って困ったり、我慢すればするほど食べ物の事ばかり考えてしまったり、お腹が空き過ぎて眠れない、なんてこともありますよね。

空腹を紛らわすことが出来ず、ダイエットしたくてもどうにも続かない。食欲コントロールさえ出来れば...という人は、多いと思います。

そこで! ナカメダイエットには、”空腹感”を楽にしのいで食欲抑制する手段として<ダイエット整体>が組み込んであります。

ナカメダイエットなら、空腹感と戦う必要がありません。

セルライトって、やっぱり落ちませんか?

「セルライトがある部分が、痩せない。」「セルライトがあって、ダイエットしても効果が出ない。」って、よく聞きます。

セルライトを落とすのは難しいと言われているのですが、ナカメダイエットでは【サイズダウン整体】によって、下半身の部分痩せさせて下半身の脂肪を集中的に燃やしながらダイエットしますからセルライトは自然になくなっていきます。

ナカメ式下半身ダイエットでは、とにかく下半身の血液循環を集中的に良くします。

下半身全体の血流が良くなれば、リンパの流れも良くなります。

血行のいいところに体脂肪は溜まりませんから、下半身の体脂肪が落ちやすくなり、脂肪が燃えて脂肪細胞が小さくなれば、その周りに取り付いていたセルライトは、取り付くものがなくなって、いつの間にか消えていってしまうのです。

どうしても夕御飯のお肉を食べ過ぎてしまいます。何かいい方法ありませんか?

ナカメ式下半身ダイエットは、【サイズダウン整体】の効果を生かすために良質のたんぱく質=アミノ酸スコアの高い動物性たんぱく質=お肉を摂って頂きます。

ナカメダイエット中は、ランチは軽くサラダなので、こってりの夕飯が楽しみ!という方が多いと思います。待ち遠しいあまり、勢い余って食べ過ぎ・・・ってこともあるかもしれません。

空腹のピーク時に食べるとそうなる場合が多いと思うので、もう少し待ってピークを過ぎてから夕食にするのは一つの手かと思います。

また、食べ過ぎの時は、早食いになっていませんか?

早食いの傾向のある人は食べ過ぎがちです。食べ過ぎるのを防ぐように食べるのに時間をかける工夫としては、

● ホットプレートを使って一人焼肉
● ステーキを2枚食べるなら1枚焼いて、食べ終わってからもう1枚
●フォークとナイフを使うと、お箸より時間がかかる

など、試して食べるのに時間がかかるようにしてみるのもいいですね。

また、食べたいだけ食べてみる体験もアリです。

中途半端でなく、食べたいだけ食べるとどうなるのか、実験的にカラダを使って体験してみます。

その状態を身体がどう感じ、どう反応し、どんな数値に出るのか試してみてください。

こんな風にナカメダイエット中に色々と試して、自分の身体で体感しながら観察していくと自分に合った食べ方が見つかります。 それは、決して本で読んだり、インターネットに載ってるような情報ではなく、自分の経験と身体で実際に身に着けた食事法になります。

単なる知識ではなく、そういう体験をナカメダイエット中にすることで、卒業後に維持出来るようになります。

ナカメ式下半身ダイエットでは、自分で”試してみて、感じてみて、比べてみて、選ぶ”のプロセスを実際に体験することが、大事。

そうすることで、自分に合った食べ方が体得出来る=リバウンドが少ないという結果に繋がっていきます。

【ダイエット整体】が効いてくると、満腹感も早く来るようになります。だから、心配しないで自分の身体の答えを探してみてくださいね。

帰るのが遅い時が多く、夜の肉食が難しい場合、どうしたらいいですか?

ナカメ式下半身ダイエットでは、【サイズダウン整体】の効果でキレイに痩せるために良質のたんぱく質を取って頂いています。アミノ酸スコアの高いのは、動物性たんぱく質なのでお肉がおススメです。

なるべく夜遅くに食べるのは避けたい!といってそのまま何も食べないで寝てしまうと、翌朝いつもは空かないのにお腹空いた・・・なんてことになったり、逆に夕食を遅くまで食べられなくてお腹が空いたのを通り越して、あんまり食べなくても平気かもっていう時もありますね。

そういう時、じゃあちょっとだけ・・・食べるつもりが、いざ食べ始めたらとまらなくなって、やっちゃいました・・・なんて事ありませんか?

夜遅くにお肉をいつも通りガッツリいくと、翌朝胃がもたれる、未消化なまま寝てしまうと睡眠の質も悪くて、朝の目覚め悪い・・・、 体重体脂肪落ちづらいみたいし・・・という方もいらっしゃるようです。

会社の場所や周りの環境にもよりますが、もし、持っていけるようであればお肉のお弁当をもっていくのはおススメです。外食や出来合いのお肉は、脂身多目が多いし揚げ物も多いです。揚げ物も食べてもいいですが、毎日というのは避けたいですよね。

お弁当にした豚肉のしょうが焼きや豚キムチなど、冷めてもおいしいし、鶏肉料理は案外、どんな味付けでもジューシーに食べられると思います。 温められるようなら尚おいしいです。

仕事の合間に食べられるようであれば、是非そうしてみてください。おうちに帰ったら、半身浴して早く寝ることができれば、最高です♪

作るのが面倒な場合には、前日にお惣菜を買っておいても良いと思います。ランチのサラダもですけど、前の日に遅くまでやっているスーパーはどうでしょうか。

コンビニに行ったけど、肉がなくって・・・とか、いつも同じで飽きちゃった・・・と場合は、スーパーだとバリエーションが増えて夜のお食事の気分も変わるかもです。

時々夜遅く帰ることになる、ちょっと忙しい時期なだけなら夕食は、ビーフジャーキーやめざしなど肉魚系のものをつまんで寝ちゃうのもいいと思います。 噛み応えがあるので、結構満足感を得やすいです。

ナカメダイエットでは、サプリメントは使いません。出来るだけ自然の形で栄養を摂ることをお勧めしていますが、どうしても夕食にお肉が摂りにくい場合は、週1回のサイズダウン整体の効果を生かすためにしっかりタンパク質をとるという意味でプロテインで代用してみると良いかもしれません。

甘いものが食べたくなったときに、なにか上手な対処法はありませんか?

痩せたいから、我慢しなくちゃと思うかもしれませんが、ナカメ式下半身ダイエットは我慢しない・頑張らないダイエットです。

まず、身体が甘いものを欲しているのかどうか、自分に聞いてみましょう。

ダイエットにストイックになるあまり、炭水化物・糖質を抜きすぎていませんか? ナカメ式ダイエットは、炭水化物ダイエットでも糖質制限ダイエットでもありませんし、禁止食品もありません。

ダイエットを始めてすぐの時は、炭水化物をストイックに避けすぎていると、これまで食べてきた甘いものが食べたいと身体が欲することがあります。

そうならない様にお昼のサラダに根菜類をトッピングしてみてくださいね。トッピングサイズの量ならカボチャなどもいいですね。 そうして、カラダがどう反応するか、みてみてください。案外簡単にスイーツへの欲求がなくなったりするものです。

なんとなく、スイーツの甘い香りに心惹かれてしまう時も、ありますよね。本気で食べたくなってしまったら、もう食べてしまった方が良いですが、せっかくダイエットしているわけですから食べる前に、逃れられるかもしれない方法を少しお教えします。

甘い香りの飲み物を飲んでみてはいかがでしょうか?フレーバー飲料は、香りが甘いのに、ノンシュガー。 甘くないから、ナカメダイエット中に飲んでも影響しないという優れもの♪

例えばフレーバーコーヒー。キャラメルカプチーノ、メープルカプチーノ、 ハニーマカデミアナッツ、ヴァニラマカデミアナッツ、チョコレートマカデミアナッツなどなど いろんな種類が売られています。

フレーバーティーもいろいろありますよね。 アップルティー、キャラメルティー、パイナップルティー マンゴーティー、バニラティー、カシスティーなどなど、 これまたいっぱいあります。

ハーブティーもいっぱいありますよね。 いくつかの種類が楽しめるバラエティーパックもあるので、 その日の気分によって楽しんでみるのもいいと思います。

甘いものへの欲求が低めなときは、これらで凌いでみて下さい!

そして次のおススメは、甘い香りのボディークリームやボディーシャンプーを使うこと。 チョコレート味、ココナッツ味、ハニー味、ピーチ味、など いろんな香りのコスメが売られてますよね。

街中でパン屋さんの香りに誘われることがあるかと思うのですが、 これって、よそから香るとだめな気がするんですよね~。非常に!!!食べたくなる♪でも自分から香ると、ずーっとかいでるせいか、 逆に食べたくなくなったりします、不思議と♪

お客さまで甘い香りのクリームを使っている方がいるのですが、 あれは、罪だなあと思います。 嗅いでいるとこちらのお腹空いてきます笑

甘いものは、お口の中には入れなくても香りを楽しんでしのげるときはは存分に楽しんでください!

長期戦になってくると、これらの効力も薄れてきますけど、短期決戦では使えるかもと思います。試してみてくださいね。

卒業後、何を食べても太らなかったのに、1ヶ月経ったら急に太り始めました。なんでですか?

ズバリ言うと自分に合った太らない食べ方がナカメダイエット中に身につかなかったので、元の食生活に戻ったからでしょう。

太らないようになる魔法の方法は残念ながらありませんが、ナカメ式下半身ダイエットは、3つの整体による効果で下半身痩せをしている間に太らない食べ方をご自身のカラダを使って試しながら身に付けていけるように造られています。

リバウンドする人が少ないのは、自分のカラダに合った食べ方を発見して、上手に習慣化出来る人が多いからです。

我慢をしない、頑張らないナカメ式ダイエットですが、中には以前のダイエットの知識や癖で頑張ったり我慢する方もいらっしゃいます。

そうすると卒業後に反動で元の食生活に戻ってしまう可能性が高いです。

身体は恒常性を持っていて、現状維持しようとします。うまく習慣化出来なくてもダイエット中の状態をキープしようするので、卒業後1ヵ月くらいは何を食べても大丈夫と、安心してすっかり元の食生活に戻ってしまう方がいらっしゃいます。

暴飲暴食を続けたら太って当たり前です。どんなに食べても太らないというのは、例外。特殊体質という限られた人だけです。

甘いものや炭水化物等、糖質は最初にエネルギーとして使われます。この状態が糖質代謝。

糖質代謝のカラダの間は、食べたものを即そのままエネルギーに使っている状態なので、自分の脂肪を使ってカラダが活動する状態、つまり痩せていく状態ではないです。

きっちり痩せて卒業した直後は、カラダが自分の脂肪を使っていきやすい状態にあります。

カラダに脂肪を貯蓄するバケツがあるとしたら、それが空っぽな状態。空っぽだから、食べた分をどんどんエネルギーに変えていくので、 よっぽど食べ過ぎない限りは、痩せていけます。

だから、最初のうちはあたかも痩せ体質になったかのような、太らないカラダを手に入れたかのような感覚になります。

でも、ここで調子に乗るとえらいことに。1ヶ月、食べたい放題生活を続けると、びっくりするぐらい急に体重体脂肪率が上がって何事か!となります。

1ヵ月後のメンテナンスの時、太っちゃいましたとお客さまがいらっしゃいます。 でも、いざ体重体脂肪を測ってみると、実は数値的にはあまり増えてない。。。なんて事もあるんです。

「太ってませんよー。」

「でもブヨついてきた気がするー」

「確かにぃー笑」

なんて会話が繰り広げられます。

サイズダウン整体を毎週受けている脚は、相当引き締まっていきます。卒業時はすこぶるベストな状態ですが、その後お菓子や主食など糖質系のものを食べ過ぎると、脚がぶよついて来る。

だから、数値的には増えていなくても見た目がだいぶ違って感じることもあるでしょう。経験ある方もいらっしゃると思います。

炭水化物(主にここでは主食の意味)は食べてません。甘いものは食べているけど。。。とおっしゃるお客さまがいらっしゃいますが、主食は敵ではないですよ。

ナカメダイエットをすると、主食=敵と思ってしまうようになる方いらっしゃいます。ナカメダイエットは炭水化物ダイエット・糖質制限ダイエットではありません。

あくまで短期間に脂肪を燃焼するためにダイエット中は主食抜き・間食抜きにしますが、主食も副菜の量だったり、連続しなければカボチャやジャガイモなども大丈夫。食べてはいけない食品もありません。

主食抜きやお肉を食べる生活はナカメダイエット中に必要な事で卒業後もずっと続けなくてはいけないことではないです。

卒業後は、主食を食べるほうが甘いものやお菓子を食べるよりは良いです。主食を食べないから炭水化物の抜きすぎで、甘いものを食べたくなるなら、太らない量の主食の量を見つけて食べてください。

また、甘いものばっかりたべるから、主食を欲しないなら…主食を食べてみてカラダが甘いものを欲求するかどうか試してみる。主食も間食もナシで大丈夫なら、それでもいいです。

どうすればいいかは、あなたのカラダに答えがありますよ。

甘いものは嗜好品として摂っていただくのはいいと思います。

ただ、空の栄養素と言われているように、カラダや髪や皮膚などを構成する大切な何かのために必要な食べ物ではなくエネルギーにしかならない食べ物って言うことです。毎食後デザートに、毎日続けてという風にするとそれが習慣化してしまいますけど。

スイーツってエネルギーにしかならないわけだけれども、甘いものが好きな人はスイーツを食べているときは至福の時間。ものすごく幸せな気分になりますよね。それがスイーツの最大の誘惑だと思います。

だから、食べるときは、めいいっぱい幸せ気分に浸って楽しんでください。中途半端な幸せではなく、目一杯!これが大切です。心いくまで楽しんで、しばらくは要らないと思えるカラダになればいい感じ。

メリハリをつけて食べる時、食べない時をはっきりしないで習慣化すると、毎日食べなくては満足できないカラダになってしまいます。

いつも食べると癖になりますし、肉付きもなってほしくない方向へなって美しい体型をキープするのと逆行してしまいます。

だから、美しさをキープするためにもメリハリをつけて食べるようにしてみてください。 中途半端にちょこちょこ食べ続ける。ちりも積もれば山となる。これが一番堪えます。

昔の日本のように、砂糖は高級品。もしかしたらヴィトンやエルメスより高級品と思っておいた方がいいかもしれません(笑)

卒業したら、何を食べようと指折り数えていたお客さまや、カラダの声を無視して、意志の力でダイエット生活をしていたお客さまほど、卒業後は待ってましたとばかりに、あれも食べたいこれも食べたい、やっと解禁だあ!!!と食べる方がいらっしゃいます。

甘いもの食べぐせがすっかり抜けて、普通にお食事を楽しめるようになっていたら、上手にダイエット出来ました。

カラダでやってみると思ったより簡単に出来るものです♪そんなお客さまは、その後上手に維持しているし、さらに痩せちゃうというおまけ付きだったりします。

これぞまさしく痩せ体質。

でも!通っている間は平気だったけど、1度食べ始めたら、やっぱりおいしくて・・・食べたらやめられなくなってしまって・・・という方もいらっしゃいます。

卒業してしばらくは、大好きな食べ物ほどカラダに聞きながら食べてみてください。

そうして食べているうちにだんだんと、このくらいなら平気。このくらい食べるとまずい・・・そういうのがわかってくると思います。

そうそう簡単には痩せ体質も、何を食べても太らない体も定着というとこまでには、少し時間がかかります。3ヶ月維持できれば、だいぶ感覚はつかめていると思います。

いっぱい痩せた人ほど、ナカメ前とナカメ後のギャップに戸惑うかもしれませんが、痩せた身体は、以前の前の太っていた身体が欲する食事の量や、内容とは違っているはずです。 試して身体で感じてみてくださいね。

せっかく痩せたのにリバウンドしてしまったのですが、再開してもいいですか?

何度もリバウンドするお客さまもいれば、1度で卒業、上手に維持されているお客さまもいらっしゃいます。

ナカメ式下半身ダイエットは、意志や努力で我慢しない、頑張らないダイエットです。

2か月8回通っているうちに、試してみながら自分のカラダの反応を観察してどうすれば痩せられるのか、どうしたら太らないのかが分かって、ダイエット中に自分に適した食べ方が自然と身に付くよう考案されています。

リバウンドしてしまう方のほとんどは、ナカメダイエット中にカラダじゃなく意識を使って頑張ってしまったお客さま。

そんなお客さまには自分に合った食べ方をカラダで分かって卒業して、再開の必要が無いようになって頂くために再開を認めます。

おいしいものを食べたい!でも痩せたい!きれいでいたい!そんな気持ちも解りますが、両立出来るのなら太ったと悩む人はいません。

おいしいものって本当にいっぱいあって、大体ダイエットしたいと思う人って食べることが好きですね。

ナカメ式サロンでは、一時的に痩せることを目的にしているのではなくこのダイエットを最後にして、今後はダイエットとは無縁な痩せたきれいなカラダでコンプレックスを感じることなく楽しめるようになってほしい。そう願っています。

ダイエットをして一時的に体重や体脂肪率が減って、もしくはそれ以上のステキなカラダを手に入れても、維持できなければダイエットした意味がありません。

ナカメダイエット中に痩せるのはまだホンモノではなく、ダイエット後に普通に生活する中で維持出来るようになってこそ本当の意味での成功なのです。

やせすぎって言われるぐらい細いカラダに対する憧れって、たくさんの人にあるかもしれません。でも食べるのが好きな人は、一旦痩せてみた後に好きなものを好きなだけ食べたら、ご来店前のカラダに戻る・・・可能性が高いです。

ご来店前のお体はご来店前のお食事や生活で作ったものですから、食生活や食習慣を元に戻れば、お体も元に戻るのは仕方ありません。

再開の前に「本当に痩せたいかどうか」それとも「好きなモノを食べたいのか」じっくり自分に聞いてみてください。

1度目のナカメダイエットでは、まだご自分のカラダでコツを掴みきれていないなら、維持できないことがあるかもしれません。

でももしリバウンドを繰り返すとしたら、本当にダイエットしたいのかな?と、自分に問いかけてみてください。

「食べたいものを好きなだけ食べたい欲求」と「やせてきれいな状態でいたい欲求」とどちらが強いですか?

食べたい物を食べたいだけ食べて、キレイでいられるといった両方を完璧に手に入れられる極々少数派のお客さまもいらっしゃいますが、その方たちは例外です。

そんな特殊体質でない限り、食べたいものを好きなだけ食べたら、太る!というのがとても健全な普通のカラダの反応です。

なので、痩せて綺麗でいたい欲よりも、食欲が勝ってしまったら、ダイエットは上手くいきません。

本当に痩せたい気持ちがダイエットを成功させる基盤になります。ホントに痩せたい理由がはっきりしていて、気持ちがしっかりしていれば上手くいく可能性は高いです。

何度も言いますが、ナカメ式ダイエットは我慢したり頑張ったりする必要が無い、お酒もOKなダイエット。

好きなものを食べて、自分的にいいなと思える自分の体型をどうやって得て、維持するのかをダイエット中にカラダで体感しながら自分に合った食事法を見つけていただきます。

ナカメダイエットを体験しているスタッフが、ガッチリサポートしますから、一人で悶々と悩むダイエットではありません。

淡々と続けるうちに確実に体重・体脂肪が減って、あまり食べられない胃袋とそんなに食べなくても平気なカラダを手に入れれば、カラダに無理がない分、我慢してない分、反動が起きる可能性が少なくなります。

我慢や無理が募る度合いが高ければ高いほど、反動の起きる可能性も高くなります。反動が起きるとリバウンドする可能性も起こります。

だからこそ、ナカメダイエットは、我慢したり頑張らないで痩せられるように作ってあります。

ずっとダイエットし続けるののではなくて、痩せたらおしまい。痩せたら続ける必要はないのです。

そのために今までの習慣から太らない自分に合った無理のない習慣に移行できるのが、ナカメ式ダイエット。

言葉で説明できるものでもなくどんなに説明しても、こればかりは実際に試してみた人にしか分りません。

ダイエットが趣味みたいになっている人も居るようですが、ナカメサロンを最後のダイエットにしてより綺麗になるために、自分磨きのために時間もお金も使っていってほしいと思います!そのほうが絶対いいですね。

卒業後は、再開よりも月1回のメンテナンスでお会いするのがいいと思いませんか? メンテナンスも要らないようにしっかりカラダで維持の方法が分かった方がもっといいですけど。

そんなワケで、痩せたい気持ちがしっかりと強いなら、再開してみるのもいいかと思います。

痩せたいと思っているのについつい食べ過ぎてしまいます。防ぐ方法はありませんか?

一般的なダイエットは、「痩せたいけど、食べちゃう」自分との戦いは、当り前。ダイエッターにとって食欲・空腹感が大きなハードルです。

食べ過ぎを防ぐ方法や習慣の変え方等の情報がいろいろと出回っています。

単純に【我慢すること】や空腹に耐える方法、また少量でお腹がいっぱいになるダイエット食品、食欲を抑えるサプリメント、実際に試してみると3日も続けばラッキーな方法や依存させてしまうものが多くありませんか?

食欲を我慢することは一時的にならできますが、我慢には限界があります。

いつまでも我慢できないし、毎日となると嫌になってしまう。限界が来るとこれまでの忍耐反動で関を切ったように食べてしまう。そして、後悔...なにに罪悪感にさいなまれながらも食べることが止められず、その結果自暴自棄...

そう…じゃないですか?

そこで、痩せたいと思いながらもつい食べてしまうの誰にとっても当たり前ということを踏まえて。

ナカメ式下半身ダイエットでは、整体によって食欲を抑えることが可能になっています。【ダイエット整体】を受けると、空腹感や食欲と戦う努力の必要がなくなります。

すると、意思で食べ過ぎをコントロールしたり、食べたい欲求を頑張って我慢しなくてよくなります。

食欲の抑制が辛くなくなり、空腹感の我慢が不要になれば、通常のダイエットのように食事を制限したり、カロリーコントロールで不味いダイエット食を食べたりしなくてもいいのです。

また、【ダイエット整体】には食欲を抑制するだけではなく、満腹感が早く来るようにする効果もあります。

食欲が抑制され、満腹感が早く来るようになれば、食べ過ぎ我慢しなくても食べ過ぎません。ついつい食べてしまうジレンマを抱える必要もありません。

我慢や意志に頼らないでダイエットが出来れば、通常のダイエットに着いてくる我慢の辛さはなくなります。

辛くなければ、2か月8回2パンツサイズダウンのナカメダイエットが、続けやすくなります。そして、続けば結果は自然に着いてきますね。

食欲を抑制する整体を組み込んであるナカメダイエットは、意志力で無理やり身体を押さえつけるダイエットではありません。

サプリメントやダイエット食の使用も一切ないので、そういったものへの依存の心配もありません。

通っている間に施術スタッフのサポートで自分に合った食べ方を体で習得して、卒業後も上手にキープする方が多いことが、リバウンド率が少ないことにつながっているようです。

食欲がコントロールできません。どうしたらいいですか?

ナカメダイエットには【ダイエット整体】が導入されているので食欲を我慢しなくても良いのですが、【ダイエット整体】の効果をすぐ感じる方と効き始めるまでしばらく時間がかかる方がいらっしゃるようです。

意志で食欲をコントロールしようとすることは短期間は出来ても、その後は我慢しようと思えば思うほど余計に強く感じてしまいます。

頭でいくら食欲をセーブしようとしても、カラダは言うことを聞いてくれないですから。

頭がお母さん、カラダが子供と思ってもらえるとわかりやすいと思います。

お母さんが、これやっちゃだめ、あれやっちゃだめ、 あーしなさい、こーしなさいと言い聞かせようとすればするほど、 子供は、その押し付けがましさにいやになっちゃいますよね。

カラダだって同じです。 頭で、良かれと思って、これは食べないほうがいい。あれは食べたほうがいい。 この量だと多すぎる。この量では少なすぎる。

そうやってコントロールしようとすればするほど、 そんな、うるさい頭に、カラダは、もお、うるさいなーっていう事を聞かなくなり、 反抗期に入ってしまいます。

反抗期になったが最後、もう手がつけられません。 まずは、その反抗心がおさまるまで、待つしかないのです。

ヤンキーになったカラダは、いっぱい悪いことをしちゃいますけど、 元はとってもよい子なので、ほとぼりが冷めればまた、 いつものやさしいあの子に戻ってくれます。

ただし、元に戻る前にやってくる、手がつけられない大荒れの時期にありえない食欲が出てくるとしたら、それほどまでにカラダが我慢していた証拠です。

その波が大きければ大きいほど、カラダにそれほどまで大きな無理強いをして来ていたということです。

しばらくするとほとぼりが冷めてきます。止まない雨はないように、食欲も行き着くところでちゃんと止まってくれます。

止まってくれたときに、びっくりするぐらい太ってしまっていたとしても、それは、そうなるほどまでにカラダが無理をしていたわけだから、受け入れてあげましょう。

よしよし、よく頑張ったねとほめてあげて、そこから、一緒にナカメダイエットを始めていけたらと思います。

食欲が努力なしに無意識で安定した状態にならないと、痩せることは難しいです。

まずは、過剰な、異常な食欲がない状態までカラダを持っていく、それをナカメルールと【ダイエット整体】が助けてくれます。

そして、そうなったら痩せる方向にカラダが勝手に向いていくのです。

ここまでくるのに、しばらく苦戦する人もいれば、ナカメルールに沿った生活で3日ほどで簡単に抜け出せる人もいます。

人によって、いろんな脱出方法があると思うので、その方法は、一緒に相談しながらみつけていきましょう。

余談ですが、食欲がでてしまう理由はいろいろあり、 恋愛やストレスなど、満たされない何かを埋めるために 簡単に発散できる食に走っている場合もあります。

甘いものなどを食べると、セロトニンというホルモンが分泌され、 副交感神経の働きも優位になるため、カラダが緩むんです。

もし、カラダが、自分が楽になるために、甘いものを欲しているとしたら、 散歩したり、お風呂にゆっくりつかってみたりするだけで気分が変わる可能性も高いです。

カラダがリラックスしているときは、過剰な食欲は出ずらいものなんですよ。

他にも、特定の何かの栄養素が不足する場合も、おかしな食欲が出てくることがあります。

ナカメダイエットは、糖質制限ダイエットではありません。中にはダイエットしてるんだからとストイックに炭水化物を抜きすぎる人もいて、普段甘いものが食べたくない人でも一時的にお菓子やパンが食べたくなることがあります。 温野菜や根菜などにも炭水化物は多く含まれていますし、 甘い味付けの食事は当然糖質が多くなりますね。

甘いもの食べてない!と思い込むと、食べたいよ!!!と今までの習慣で、狂おしく欲してしまうかもしれませんが、意外と食べてるんですよー。心配しなくても笑

ナカメダイエットで副菜をいろいろ食べている分には、栄養素は不足しないはずですが、同食(同じものばかり毎日続けて食べない)しないようにお願いしているのにもかかわらず、毎日サラダのトッピングが同じだったり、特定の食べ物に偏っているお客さまがいらっしゃいます。

同食しないと言われても、自炊してたり一人暮らしだと、 素材を使い切りたいから、数日同食しちゃいがちですよね。そういうときこそ、オリジン弁当やお惣菜屋さんで1,2品、追加してみてください。 自分の普段作らない(作りづらい)ものを選ぶとバランス取れます。ちょこっとだけ作るって、大変ですもんね。

特定の栄養素が不足しているのか、ただ単に気持ちが欲しているのかを見極める簡単な方法は、 “甘いもの”が食べたいのか、具体的な”何か(たい焼きが食べたい)”なのかということです。

具体的な何かがあるのなら、それを食べてください。それ以外では満たされません。かぼちゃが食べたければ、かぼちゃなのであって、 いくらクッキーを食べてもジャガイモを食べても解消されません。

だから、食べたいものを自分に問いかけてみてくださいね。

ダイエット整体がすぐに効かない人でも、週一で施術を受けていると徐々に効いてくるので食欲が安定してきます。ナカメダイエットをやっていると、どんな感じなのか、どんな時はカラダが何かを欲しているのか、ココロだけが欲しているなら散歩に行ったら忘れてしまうなとか、体感して分ってきます。

その状態でナカメダイエットしている間に「今何が食べたい?」の答えが、見つかるようになれば、 きっと、卒業後の維持も簡単です。そうするとリバウンドの心配もなくなります。

ナカメダイエットの施術スタッフは全員ナカメダイエット卒業生。そこを生かして、一緒に答えを探すお手伝いをさせていただきます。

答えは自分の中にちゃんとあります。

0時前に寝ようとして布団には入るのですが、眠れません。どうしたらいいですか?

「寝る娘は痩せる」というくらい、ナカメ式下半身ダイエットでは睡眠は大切です。出来るだけ0時前に寝て、6時間以上睡眠を取るのをおススメしていますが、これまで睡眠がそこまで大事と考えていなかったなら、早い時間に寝る習慣が無くても当り前です。

自分の意思で起きていることができたりお布団に入れても、自分の意思で眠りにつくことはできないですよね。寝なくちゃ寝なくちゃと思えば思うほど、逆に刺激になり余計眠れなくなる経験ってあると思います。

宵っ張りに慣れてる人は、早い時間にでも眠れるようにカラダが自然に眠りにつける状態や環境をちょっと工夫して作りましょう。 単純にカラダが適度に心地よく疲れている状態、目が冴えてしまような刺激が無い状態をという風に条件を少し整えれば眠り易い環境になります。

一言で言うなら、体本来のリズムを取り戻すように活動すべき時間に活動し、休むべき時間に休み、自律神経のバランスを整えることです。

朝日を浴びるのはおススメです。基本的に 体が夜眠りを欲する時間は、朝起きた時間によって決まると考えられています。 通常、朝、太陽の光を浴びて体内時計をリセットした後、15時間後ぐらいに眠りの準備タイムが訪れると考えられているそうです。

だから、朝寝坊すると夜にいつもより眠りにくいのは、こういった体の生理的な機能によるものなのです。そんなときは、一晩ぐらい寝なくても死にはしないわと開き直って、そんな日を連日繰り返さなければ大丈夫。

お休みの日はいつもより朝寝坊しがちですが、最適な睡眠習慣を維持するという意味では毎日できるだけ同じ時間に起床・就寝するほうがよさそうですね。 昼寝には、体本来の機能バランスを整えるという意味ではおススメですが、夜の睡眠開始時間に影響を及ぼさないようにご自分で調整してみてください。

夜になって家に帰ってほっと一息、テレビを見たり、携帯をいじったり、パソコンを見たり...よくある日常の光景ですよね。

先ほども書きましたが、カラダは朝の朝日の光を浴びてこれから活動する時間と認識し、夜は暗くなってくることで休む時間になったことを認識していくのですが、パソコンやテレビ、ビデオのディスプレイは、視神経を刺激し、目を冴えさせてしまうのでこれから活動する時間!と、カラダが勘違いしてしまいます。

すると、眠くなるどころか余計目覚めた状態になってしまい、いざ寝ようとしたら目が冴えてしまって眠れない・・・となるので、質のよい睡眠の妨げになります。眠れない人は寝る直前までスマホを見たり、ゲームをしたりは避けて、カラダがどう反応するかみてみましょう。

また、お酒が飲める人にありがちだと思うのですが、なんだか眠れないからと、就寝前にアルコールを飲んで、その勢いで寝てしまえー。 実際、飲んだら、その後すぐ眠れたし。そういうことありますよね?

しかし、アルコールは一見眠気を誘うのですが、アルコールによって導かれる睡眠は、浅い眠りのレム睡眠で、深い眠りのノンレム睡眠には至らないのです。

成長ホルモンの約70%は、睡眠中、特に入眠後、1~2時間のノンレム睡眠のときに分泌されるという研究結果があるそうです。 成長ホルモンは、免疫系の調整や、新陳代謝、エネルギーの代謝など、カラダの様々な機能の制御に深くかかわっているホルモンです。ダイエットにも、アンチエイジングにも、とても大事なホルモンですが、眠りが浅いとこの大事なホルモンに本領発揮してもらえません。

食べたものやアルコールが体に残っていると、それを分解しようと胃腸や肝臓など消化器系の臓器がフル稼働状態になり、全身の臓器が休まらないため、脳や体が十分に機能を回復することができないのです。となると、ナカメ式ダイエットのサイズダウン整体で作用した筋肉の修復がきちんと行われず、食べたお肉もサイズダウン整体も、効果が減少してしまいます。

また、腰痛や肩こりなどの症状もバランス整体を受けて、質のよい睡眠をとれば、カラダ本来持ち合わせている自然治癒力も相まって改善がしやすくなっていくのですが、万年睡眠不足のお客さまは、痩せにくく腰痛などの不調も改善しにくいのです。

生活パターンの関係でどうしても避けられない状況はあると思いますが、出来るだけやれることはしてみましょう。出来るだけ睡眠をとってナカメダイエットの効果を最大限にゲットして頂きたいと思います。

コーヒーなどのカフェインは、4,5時間効果を発揮するらしいです。中にはコーヒーを飲むと眠くなる方もいますが、睡眠効果を生かすためにはカフェイン摂取はなるべく寝る5時間前以降は避けたほうがいいかもしれません。

夜遅く食事するなら起きていた方がすぐ寝るよりエネルギーが使われるだろうから、無理やりにでも起きていたほうがいいんじゃないかなあと思うこともあるかもしれませんが、そんなことはありません!

夜、22時以降に食事をすると、B-MAL1という脂肪を蓄積するたんぱく質が体内で増えるために、より太りやすいと言われています。これは、もちろん分泌量にも個人差がありますし、 みんながみんなというわけではないと思いますが、一応人間の構造上は、太りやすい時間帯ということになるお知らせです。なので、ナカメダイエットでは、午後9時前の夕食をおススメしています。

更に、睡眠を削って長時間起きていると空腹を感じるためのグレリンというホルモンが分泌され、痩せる方向に働くレプチンというホルモンが効かない状態になってしまいます。そうすると食欲を抑えきれなくなり、結果として食べ過ぎにつながります。寝不足のときに暴食をしてしまった経験のある人、きっといますよね。これもまた、人間の体のメカニズムが原因です。

そんな状態の時に理性を働かせて食欲を抑えたとしてもどうせ続きませんし、ホルモンバランスの崩れに伴って、基礎エネルギー代謝が低下してしまっているため、予想外に脂肪がついて、太ってしまうことになり、なんであたしの食欲止まらないのー。おなかがすいてすいて仕方ないんだけどー。 となってしまうわけです。 なるほどと思える体験がありませんか。

また、睡眠環境の三大要素には、光、温度・湿度、音があると考えられているそうで、理想の寝室は、完全遮光カーテン、なければ、アイマスクを着用して、光を遮断。温度は、25度、湿度は、50から60%。音は一定のリズムで刺激にならないものがよいそうです。結局は、睡眠もダイエットも、体のリズムや環境、規則正しい食習慣、生活習慣、すべてが関係しているってことです。

ダイエットを成功させるためには、やはり規則正しい生活が遠いようで近道です。とはいえ、すべてを完璧にこなそうとすると、ストレスになります。 15分早起きしてみるとか、そんなちょっとしたところから始めてみてください。

時には羽目をはずしたくなるときも、はずすときもあって普通だと思います。連日でなければ良いのです。メリハリのある生活で無理なく、楽しく、過ごして自分の生活に合わせて無理なく自然な形でカラダのペースが整うように環境を作ってみてくださいね。生活パターンは、皆一人一人違います。眠れない環境になっている理由も違うので、出来るところを変えてみてカラダで結果を確かめながら試してくださいね。

環境が整ってカラダがそれに順応して早い時間に寝る習慣が身につくと、寝なくちゃと思わなくても勝手に眠くなり、遅くまで起きていられなくなります。 こうなれば、儲けものです。

早く寝られて充分睡眠が取れた時、遅くまで起きていた時の数値の減り方を比べてみてくださいね。 きっと違いに気づくと思います。違いが分かると比べられるので選ぶものが、前とはきっと違ってきます。

自分のカラダが出した答えが、早く寝てきれいになろう!と思える自分自身のカラダからの動機・きっかけになると思います。

ナカメダイエットに【お腹が空いて眠れない】は無い!

「寝るだけダイエット」というのがある位、睡眠は体脂肪燃焼に関係があります。 なので、早めに眠れるように身体の調整してみてください。

それさえできれば、ナカメダイエットはしっかり食べながらお酒もOKなダイエットなので、空腹で眠れない・・・なんてことはありません。

脚がすごく冷たいのですが、冷え対策の方法を教えて下さい。

ナカメサロンのマツダです。冷え対策の方法について回答します。

おススメの睡眠時の格好は、夏場も長いパンツをはく(締め付けないレギンスなども良い)、上半身はキャミソールや半袖のTシャツなどで調整。冬は、パンツとゆったり目のレギンスを重ねばき、上は長袖を着るなどで調整する。ふくらはぎにはレッグウォーマー。さらに足首にもレッグウォーマーを三つ折にしたものや足首ウォーマーを履く。とにかく脚もお尻も冷たくならないようにした方がよいですね。

足首は侮ってはいけません。いつも冷たい足首は太くなりがちです!

触って冷たいところほど、肉がつきやすく、脂肪が落ちにくいです。お腹周りが太い人は、腹まき! お尻が大きい人は、毛糸のパンツ! 腰から下の太い人は、厚手のパンツを重ね履き!

自分の身体の冷えやすいところを、冷やさないようにして過ごすようにすることがおすすめです。

そして、食べ物。冬の食材や寒い地方の食べ物には体を温めるものが多いです。生姜、ねぎ、ごぼう、にんじん、にんにく、生姜などなど、中から、そして外から身体を温めるようにしてみてくださいね。

真冬になると、外にずっといすぎて、肩こりがひどくなるとか、身体が冷えすぎて、むくみがとれないなど、 いろいろな症状が出てきてしまうことがあるのですが、そんなときの対策です。

ホッカイロは、とっても便利なのですが、ホッカイロや電気あんかで温め続けると、カラダの水分を取られ、なにより、カラダを甘やかしてしまってカラダが自分で温めようとする力をより弱くしてしまいます。

なので、冬の野外活動などのどうしてもという時だけに使うようにしたほうが良いことを付け加えた上で、外に長くいるときのおススメの使い方は、おへその下と、お尻にはる、ホッカイロ両面貼りです。(低温やけどには要注意!)

寒いと手足を温めがちですが、それより、大きい筋肉がある お腹周りや太もも周りを温めて頂く方がより効果的で、カラダの芯が温まります。また、生姜紅茶などの温かい飲み物を飲んでカラダの中も温めてあげてくださいね。

寝る時の湯たんぽは、面倒でなければおススメします。自然に冷めていく湯たんぽは、カラダにも優しく、自然です。

腰から下の代謝を上げ続けて、冷やさないようにする方がその部分が痩せやすくなるからです。

入浴剤もぜひ使ってみてください。入浴剤は、お金を払って買うだけあって、やっぱり、その後の保温力が違います。

普通のお湯につかるのと入浴剤入りのお湯につかるのとでは、カラダの温まり方も冷め方も違います。

余談ですが、半身浴後、脚にマッサージオイル(オリーブオイルでも)を塗ると、一皮ベールに包まれる感じで、保温力が増します。 マッサージする必要はなく、塗るだけです。

朝起きたときに、違いがわかります!良ければ、試してみてくださいね。(注:ベビーオイルは浸透しすぎ、ボディーミルクも保湿効果だけで、保温効果はありません。)

それから、寒いと感じる時は上着を重ねて着ることが多いと思いますが、そうすると 元々代謝のよい上半身ばっかり暖かくしていたら、そうでなくても痩せやすい上半身が痩せてしまったり...ということに...

冷やさない様に、暖かい状態でいられるようにと工夫してみてください。

夏の暑いときも侮れません!クーラーの効いた室内にいて快適に感じている時でも、腿もふくらはぎも足も気づかないうちに冷えています。

暑いからといって、ショートパンツをはいて昼も夜も過ごしていて、脚が太くて悩んでるの・・・なんてことにならない様に!

レッグウォーマーはお手軽に使えるグッズです。レッグウォーマーは”重ね履き”すると良さが引き立ちます。

外出するときにはさすがにファッションも考えますし、レッグウオーマーの重ね履きをするとは太く見えます。オシャレのために脚を露出する時もあるとは思いますが、寝るときやお家にいるときは、誰に見せるわけでもないので、腰から下を温めることを意識して過ごしてみてください。

ナカメダイエットの冷え対策法

ナカメダイエットでは、次のような冷え対策とダイエット方法を実践しています。

脚が太い・お尻が大きい・太ももやふくらはぎが太いなどとお悩みの方の多くは、腰から下の血行が悪く当然代謝も悪い【冷えたまま】の状態でい続けたのでその部分が太くなってしまっています。

ナカメダイエットに不可欠な半身浴はしているので、出てすぐ寝てしまえば、それほど寒いこともないかもしれませんが、 時間が経つとやはり、ひどい冷え性の方は湯冷めが早くて眠れなくなったりするかもなので。 出来ることで対策してみましょう。

冷え性のお客さまは、ナカメダイエットを始めた最初の内は問題の箇所が痩せにくいと感じられるかもしれません。

サイズダウン整体の効きも対策しているのとそうでないのとでは、痩せ方がやはり違います。

ナカメダイエット中は、毎日ダイエット半身浴をして頂きます。1度の半身浴の時間を長くするよりは朝と夜の2回のほうがいいですが、大事なことは、続けることです。 なので一日1回を毎日続けることが一番効果的です。

ナカメダイエットの最中や卒業後、冷え症が直ってしまう方が多くいらっしゃいます。

3種類の整体を組み合わせて2ヶ月8回2パンツサイズダウンを目指すので、元々の身体の状態によりますが、週1で整体を受けているうちに痩せやすい身体になってきます。

その結果、自然に代謝が上がり脚の皮下脂肪が燃えて、セルライトも減って冷え症体質が解消されている方が多いです。

これは、ナカメダイエットが多角度から下半身が痩せない理由を考慮して作られた整体ダイエットだからです。 ナカメダイエットを体験して卒業したスタッフが、施術を担当する理由もそこに。

せっかくナカメサロンに通うなら、より効果があるほうがいいに決まってます! 相乗効果を狙って、面倒にならない範囲で試してみてくださいね。

下半身ダイエットチェック表の楽しく賢い使い方

ナカメダイエットしている方にはチェック表を毎日つけてもらっています。せっかく毎日つけるものですから、チェック表を通していろいろな自分自身の傾向が見えるようになって頂けたらいいいなと、思います。

朝と夜の体重差が、500g以内になるようにした方がよいです。お酒や、食事のときに飲み物をいっぱい飲む人は、 水分の場合もあるのですが、そうでない場合には、食べすぎだからです。

朝の体重を計った後、ランチとディナーを食べて夜の体重測定の順ですね。ナカメダイエットで夕飯をしっかり食べるので朝夕の体重差が大きい場合、夜に食べ過ぎのケースが多い気がします。

夜食べたお肉の種類をグラフの下のほうに書いてくださるお客さまが いらっしゃるのですが、それを見るとこんなこともわかります。

豚肉料理を食べているときの朝と夜の体重差がいつも他の日よりも大きい。

私には豚肉はあんまり合ってないのかな?

やけに今朝、体重が少ないなあ。
昨日何食べたかなあ。あ!ラム食べた!!!



ラム肉合ってるのかも。

朝と夜の体重差が少ない日って何食べてたかなあ。
あ!いつも魚の日だ!!!



案外肉より合ってたりして??

なんて感じです。相性の良い食べ物見つかるかもしれません。

毎日細かく食べ物を書く必要はないですが、朝と夜の体重差が多いときだけでも1日の食事を振り返ってメモしておくと、参考になります。

ランチに食べたポテトサラダ多かったのかなとか、夜のお肉多すぎたからかなとか、 すんごい大量にお酒飲んだからだろうなあとか。。。理由が明確なら、その後気をつけよっ!と思えますね。

また、ホルモンバランスが整っていれば、基本的に生理前はやせづらく、生理後は痩せやすいのですが、PMSがひどかったり、生理前に体調が悪くなる方の中には、1~4kgぐらい体重がアップする方がいます。

ナカメルールをきちんと守っていても、なぜか体重が落ちないときってありますよね?

それが生理前だったり排卵の時期だったり、人によって違いがあるとは思うのですが、それを知っておくと、「何で体重落ちないのぉ。こんなにちゃんとやってるのに...(T0T)」等というストレスなく、”今、私の体は痩せないから気にしなくてよい時期”と、受けとめられるかな。

ちゃんとやってるつもりなのに痩せないと、いらいらしたりして、 もおー食べてしまえー!!!と思うことありますよね?

毎日体重を計って頂いていますが、あまり数値だけ見て一喜一憂しすぎないようにしてください。人のカラダですから多少の増減はあるの普通です。

多少のアップダウンなら、誤差誤差!!! そんな気楽な気持ちでやっておいたほうが、きれいに痩せられますよ。 無駄なストレスはためないためない。

落ちても落ちなくても淡々とやっていると、カラダはちゃんと答えてくれるので、チェック表のグラフの動きをみて、自分の癖の傾向やカラダの傾向を見ていきましょう。

生理前に食欲アップするのは一般的で、排卵の時期(生理と生理の間あたり)に食欲が上がる人も中にはいるので、案外見落としがちですがここもチェック表を付けていると分ってきます。

いろんな人のチェック表を見てきましたけど、こんな使い方ってよいな~と思うのが、友達にやせたって言われた!とかふくらはぎほそくなってきたかもぉー、なあんて、周りの人の反応や、自分が気づいたことを書いてくれてるお客さま。

あとで、自分で振り返ったときも、楽しくなると思うし、 単調につけ続けるより、つけていて楽しくなるチェック表にしちゃえばいいのです!

実は!チェック表の内容、体重の数値、グラフのつなげ方が 乱雑な客さまって、痩せてないんですよねぇ。。。ドキッとした人いるんじゃないかな(笑)。

ダイエットが順調なお客様ほど、チェック表をキチンとつけていらっしゃいます。

お客さまの真剣な気持ちが現れているやる気いっぱいのチェック表を見ると、施術前拝見する私たち施術スタッフもやる気は自然とアップします^^

ナカメダイエットは、スタッフとチームを組んで取り組む二人三脚ダイエット。スタッフもチェック表もフル活用して、楽しくダイエットしちゃいましょう!

体脂肪が全然減らないのですけど、どうしてですか?

体脂肪が減らない要因について回答します。

体脂肪が減らない要因その1

<睡眠の問題> 体脂肪が減らない理由は、まずは<睡眠の問題>です。

・寝る時間が遅い

・睡眠時間が短い

が大きな理由です。

睡眠の質と量が悪いと痩せません。よく眠らないと体脂肪が減らないのです。

ナカメでは<12時前就寝・6時間以上睡眠>をルールとしています。 ベッドに入る時間は12時前までにすることです。

お肌にも関係するといわれるシンデレラタイムとかゴールデンタイムは22時から2時までです。 その時間帯は、新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌が一番盛んで、細胞の入れ替えや筋肉の修復を盛んに行っています。 体脂肪の燃焼にとても関係しています。

だから、同じ6時間睡眠でも、0時からの6時間と2時からの6時間では、体脂肪の燃焼率が違うのです。 体脂肪率が減らない場合は、まず寝る時間を早めにするように試してみてください。

夜遅く寝る習慣があるお客さまの場合、眠る前にスマホやPC、テレビなどを遅くまで見ないことです。 夜の明るい光は睡眠のリズムを邪魔しますから、まずは暗くして夜11時台にベッドに入るようにしてください。

そして、朝は、必ず朝日を浴びて、身体に朝がきたことを教えてあげてください。 朝起きる時間を一定にしていくと、自然と夜に眠くなる時間が一定になっていきます。

帰宅が夜遅い場合や朝早く起きなければならない事情がある場合は工夫がいりますが、 12時前に眠ってしまう習慣がつくと、6時間以上の睡眠が無理せずに取れるようになってきます。

睡眠優先。痩せるための1番のベースです。

【寝る子は痩せる!】は、ナカメダイエットの合言葉。

できれば午後10時台に、遅くても12時前には眠りについて6時間以上の睡眠ができると、体脂肪の燃え方が違ってきます。

睡眠の問題だけで痩せないなんて、もったいないです。

体脂肪が減らない要因 その2

<食事の問題> 二つ目は<食事の問題>です。

ナカメダイエット中でナカメルールの基本が出来ていることを大前提として、それでも体脂肪が減らない理由は、

1.夕食のお肉の量が少ない

2.お昼に糖質の多い食べ物が多すぎる

ことが、お客さまと話している中で多いです。

下半身の部分痩せのために【サイズダウン整体】を受けていただいているので、効果を十分生かすためには、 良質のたんぱく質をしっかり摂ることが大切です。

そして、出来れば塊肉をおススメします。薄切りのお肉を食べるとどうしても脂身の量が多くなってしまいます。 ナカメダイエット中せっかく体脂肪を燃やそうとしているのですから、塊肉から摂る脂身だけにした方が、ダイエットに効果的です。

お肉を食べてるのに、なんで痩せないのですか?という質問を受けて、よくよく話を聞いてみると、意外と薄切り肉ばかりを食べている お客さまが多いのです。塊肉を試してみた途端、体脂肪が落ちたー!すごーい!と、喜ばれることが結構あります。

そして、身体は百人百様なので、「牛肉が痩せる」とか、「ラム肉が痩せる」とか、「鶏肉がイイみたい」、「豚肉はだめだ」とか、 “相性”があるようです。試してみて、一番相性がいいお肉をみつけて、サイズダウン整体を受けた日に食べてみるといいかもしれません。

あとは、お肉のパーツによって脂肪の多い部分もあります。サーロインステーキやカルビや豚の角煮を頻繁に食べているお客さまは、肉料理たんまりなのに、 数値の落ちがイマイチだったりします。

肉料理といえど、とんかつ、から揚げなどの揚げ物料理の食べすぎにも注意。脂肪の多いお肉同様、頻繁に登場しすぎると、 あんまり体脂肪が落ちないコトも多いようです。

ナカメダイエットを始めると、お肉を食べてください!!!と言われますが、ナカメダイエットで壊した筋肉の修復に一番適しているのが、 アミノ酸スコアの高い動物性の蛋白質だからです。魚よりお肉の方が筋肉量は増えやすいです。

これは、たくさんのお客さまのカラダが証明してくれています。

人生で食べたことのないぐらいの肉・肉・肉生活になると思いますが、意外とハマります! 楽しんでください。

睡眠も食事もちゃんとできているはずなのに体脂肪が減らない・・・なら

ナカメダイエット中の「ちゃんと寝ているのに体脂肪率が減らない」「食事も気を付けているのに体脂肪率が下がらない」などの質問は、 専属担当スタッフにメールやでいつでも聞けます。来店日まで待たなくても大丈夫!

下半身太り解消には体脂肪(全身的な)だけでなく、脚の皮下脂肪中心に脂肪を落とす必要があります。

自分に一番合った体脂肪と脚の皮下脂肪の減らし方を見つけていただくために、ナカメダイエットで下半身痩せを実現したスタッフが専属で初回から卒業まで施術・食事のとり方などのアドバイスをきっちりサポートさせていただくトータルなシステムになっています

お昼にスープや味噌汁はどうですか?そのほうが野菜をいっぱい取れますよね?

ナカメダイエットでは、お昼に葉物中心・トッピング2割くらいのサラダで色んな栄養が摂れるように日替わりでトッピングを変える(同食しない)というサラダランチをおススメしていますが、もしサラダが苦手・・・なら糖質の低いものなら構いません。

ただスープになると温野菜が多くなってきますよね。温野菜や根菜は意外と炭水化物多目です。 イモ類はいかにもですが、ブロッコリーやキャベツ、ニンジンなども炭水化物多目、大体の見分け方としては、食べて甘い食材は、炭水化物が多いってことです。キャベツやニンジンも煮ると甘いですよね。

野菜を煮るとカサも減るため、量が食べられますから知らずに食べ過ぎるとお腹にたまります。

糖質代謝優位だった身体を脂質代謝に変えていく事で楽にきれいに痩せられることも考えてあるナカメダイエット。

糖質は先にエネルギーとして使われてカラダが糖質を使いきるまでは、脂肪燃焼モードには入れないため自分の脂肪が使われません。

野菜はヘルシー・消化も早いというイメージがありますが、野菜炒めや、煮付け、調理系の野菜料理が増えてくると腹持ちの良いランチになってしまい、消化に時間がかかるため、カラダが痩せモードに入るのは難しくなります。

だから、食べ過ぎてよいのは葉物野菜、そして、ベースにする野菜はキャベツばかりではなく、レタスや、水菜、ほうれん草、サラダリーフなどいろいろ変えるといろいろな栄養素がとれます。

毎回、糖質多めのものを繰り返し食べていると、糖質代謝の身体から抜けられず結果に繋がりにくいので気をつけましょう。

こういうことを踏まえて、お昼はサラダランチがおススメですが、糖質が低いものを選んで色んな物をバランスよく取れるなら他のものでも大丈夫です。

ナカメダイエットは、糖質制限ダイエットや炭水化物抜きダイエットとは違います。

ただ、2か月という短期間に脚、太もも、ふくらはぎ、お尻などの下半身のパーツを部分痩せさせるサイズダウン整体の効果を最大限に生かして、2パンツサイズダウンを目指すための食事のコツはあります。

野菜が多ければ良い、野菜を多く食べるのが健康的というような一般的な考えのダイエットではありません。

ナカメダイエットを卒業した施術スタッフの経験を生かしたサポートの中で、試してみてご自分の身体の反応を確かめてみてくださいね。

冬の半身浴は汗をかきづらいです。何かよい方法はありませんか?

ナカメダイエットのダイエット半身浴は、少し熱めのお湯(43度から45度ぐらい)に浸かって頂いています。夏場なら5分ほどですぐに汗かいて案外さくっと終えて頂くことができますが、冷えが酷いため下半身太りにお悩みの方が多いので、冬場はなかなか温まらず汗が出るまでにすごく時間がかかったり、汗をかかないようになってしまったりする方もいらっしゃいます。

試してみる対策としては、お風呂場が乾燥していると寒く感じるので、お湯代・ガス代はかかってもシャワーで先にお風呂場を暖めて湯気で湿度も上げてから、浴槽にお湯を張るほうが、お風呂場に入ってから寒ううぅ~{{{{(+ω+)}}}}という感じはなくなると思います。

お風呂前のアミノバイタルで汗をかいたお客様もいらっしゃるのですが、糖分を含んでいるため、ダイエットに影響が出る可能性も否定できません。

そこで、おススメは温かい飲み物です。

カラダの芯が冷えていると、外から温める半身浴をしても芯が温まるまで時間がかかってしまいます。

追い炊きできない場合には、カラダが温まりきる前に湯船が冷めてしまうときあるんですよね。

でも、温かいものを飲んでから入浴するとカラダの中が先にある程度温まっているので、体の芯を温めるまでの時間が短縮され温かく感じるのが早まると思います。

おなじみ生姜紅茶はおススメですが、カフェインで眠れなくなる心配もあります。その場合は、白湯やノンカフェインのハーブティー等にしてみて下さい。

体の芯を温める事が目的なので、温かい飲み物であれば何でも大丈夫です。

冬場は上半身も冷えるため、100円ショップのポンチョやカッパ、 タオル、Tシャツ、ゴミ袋などを使ってみるのも良いと思います。

しばらくすると、ナカメダイエットを始めたばかりのころに比べるとカラダが温まりやすくなってくるお客さまは、結構いらっしゃるようです。

いろいろ試してみてくださいね。

下半身浴するとナカメ整体効果がアップ

ナカメ式下半身ダイエットは、3種類の整体を組み合わせて、下半身太りの複数の要因にアプローチします。

下半身浴は、整体効果をアップさせて痩せやすく、また、痩せた後の状態の維持を楽にするのでおススメですよ。

夜お腹が空いていないんですけど、食べた方がいいですか?

お腹が空いていないようであれば、カラダが食べる事を欲していないのですから無理に食べる必要はないです。 ただ、それが毎日続くようであれば、お昼に食べる量をもう少し減らしても大丈夫かもしれません。

アタマで食べる量を決めていくと、その時々での適量がわからなくなってしまいます。

自分のカラダの声を聴いてくださいというお話は常々していると思いますが、 それを知ることによって、卒業後の食べ過ぎないカラダ、食べ過ぎたときに調節できるカラダもあわせて手に入れることができちゃいます。

甘いものや炭水化物に関しても、毎日、これだけ食べれば絶対に維持できる!という適量があれば、知りた~い!とナカメ卒業生はみんな思うと思うのです。 しかぁーし!!適量は自分しか知らないんです。自分のカラダにしか答えはないんです。逆にカラダからの答えの受け取り方さえ分かれば、卒業後の維持も簡単になってリバウンドも防げるようになりますよ。

今日は、昼間よく動いたなあ。働いたなあ。出かけたなあ。歩きまくったなあ。 こーんな日には、ちょっとぐらい食べ過ぎたって大丈夫でしょう。

でも、今日はおうちでごろごろしていたなあ。手持ちぶたさで、ついつい・・・ なんて日には、ぶよっと・・・来てしまうかもしれません(笑)

夕飯で脂肪の少ないお肉を食べることは、ナカメダイエット中には必要です。 そうしないと、せっかく受けたサイズダウン整体の意味が、なくなってしまいます。

たまにお腹がすかなくて食べないとか、ダイエットホリデーになってしまうこともあると思いますが、 やっぱり基本は基本。昼は生野菜、サラダを中心にあっさりと。夜はお肉やお魚のたんぱく質源をしっかりと。これが大切です。

夜のタンパク質は、下半身をきれいに痩せるためには不可欠です。どうしても忙しくてお肉が無理なら、その日はプロテインで代用という手もあります。

しっかり食べて、早くきれいなカラダを手に入れちゃいましょう。

サウナや岩盤浴が大好きです。ナカメダイエット中に通ってもいいですか?

全身太っていることを気にされている場合は通って頂いても大丈夫です。

でも、下半身太りで悩んでいらっしゃる場合は、行かないことをおススメします。

基本的に下半身太りで悩んでいる方は、下半身の代謝が低いです。ダイエットして痩せていくと、上半身は痩せるけれど下半身はまったく変わらない。なのに、太ると下半身から先に肉が付く・・・といった感じです。

サウナや岩盤浴で温まると、全身の代謝が良くなってしまいます。

そうすると、ただでさえ高い上半身の代謝がさらに上がってしまい、より上下のサイズの差が大きくなってしまうわけです・・・なので、おススメできません。

ナカメ式ダイエット中におススメしているのは、ダイエット半身浴です。基本1日1回でいいのですが、時間が取れなら朝と夜の2回やってもかまいません。

入る時間帯は、朝でも夜でもかまわないので1日1度入って、下半身が冷えないように、代謝をあげるように!を忘れないようにしてください。

下半身太りを解消したい場合、上げたいのは下半身の代謝だけです。

そういう訳で下半身ダイエットしたいならダイエット半身浴を毎日実行してほしいのです。

女性は元々筋肉量が少ないので、夕方になると足がむくむ人がほとんどです。夜にダイエット半身浴をすると、睡眠中に代謝をあげておく助けになります。

むくみは下半身太りをさらに助長する原因にもなるので、その日のむくみはその日のうちに取っちゃいたいですよね。

ただ、暑い時期寝る直前にダイエットか半身浴すると体温が高くなって寝入りが悪くなる可能性もあります。 カラダは体温が少し下がったときに、よい眠りにつけるようになっているからです。 夏などはカラダが冷めてきた頃お布団へ。これが睡眠の質をあげるポイントです。

ダイエット半身浴は、熱いお湯につかるため、交感神経を刺激します。 ごはんを食べてから消化するときには、副交感神経が優位になります。 だから、ごはんを食べてすぐにお風呂に入るとカラダが急に逆の動きをするのでびっくりします。

時間に余裕があれば、夕飯食べてしばらく経ってから、お風呂に入って、しばらくしてから、お布団へ。 時間がない人は、お風呂に入ってから夕飯を食べて、しばらく経ってからお布団へ。 など、ご自分に合うように調整してみてくださいね。

ちなみに、日中優位になるのは交感神経の働きなので、 朝の半身浴は交感神経を刺激しより目がぱっちり覚めると思います。朝、時間があれば、試しに入ってみてくださいね。試してみて比べれば、いつ入るのが自分に合っているのかが分かります。

下半身は温めすぎて温めすぎるということはなく、もちろん、痩せすぎて困ることもなく、ですね。

次の予約まで2週間空いてしまいますけど、大丈夫ですか?

ナカメ式ダイエットで下半身の部分痩せが可能なのは、サイズダウン整体を受けて頂くからです。

下半身太りを気にしているお客さまは体重・体脂肪が減るだけで良いのではなく、”痩せどころ”が問題ですよね。

たまに思い違いされるお客さまもいらっしゃるのですが、ナカメ式ダイエットでは食事の摂り方だけで痩せるわけではありません。サイズダウン整体を受けた後に合う食事が肉食であり、 サイズダウン整体を受けていないカラダなら、この量のお肉を食べる必要はないわけです。

「サイズダウン整体を受けて、赤身の塊肉をがっつり食べて、早く寝る。」 これがナカメ式ダイエットで痩せるコツです。

つぼ押し(ダイエット整体)の効果は、10日から14日間ほどあります。 数回つぼ押しを受けていると、効き目も良く安定してきているので、ナカメ式ダイエットの食事を続けることは苦ではないと思います。

が!食事だけを続けたまま過ごしていくと、下半身ではなく、上半身が痩せてきてしまいます。 そうするとせっかくのナカメ式ダイエットの意味がないですよね?痩せたいのは下半身ですから。

下半身痩せしたい人はなるべく10日以内に1回ご来店して頂くのがおすすめですが、どうしても2週間空いてしまうなら仕方がありません。 たとえ2ヶ月8回の中の1回が、そうなってしまっても残りの期間に週1で施術を受けて頂ければ大きなロスも出ないと思います。

ガイドブックに週に1度整体を受けにくる!という項目があるのは、こういう理由からなのです。

どうしても、ランチでみんなと一緒に食べに行かなければなりません。どうしたらよいでしょうか?

ナカメ式下半身ダイエットでの食事は、お昼に軽くあっさり葉物野菜中心で、夜はタンパク質を中心にしっかり食べる。

これがポイントです。

昼に野菜を中心といってもお惣菜のような場合、野菜料理ではあっても結構腹持ちがよいと思います。

日中は脂肪をエネルギーに変えやすい時間帯です。

だから、早く胃の中から食べ物を消化させて、自分の脂肪を取り崩して消費する痩せモードに入りたいわけです。

あくまでお昼はあっさりというのはそんなワケがあります。

だから、お付き合いでランチの内容を選べる場合には、なるべく”軽く””あっさり”な食べ物を選ぶと良いと思います。

たとえば、和食、洋食、イタリアンと選択肢がある場合、イタリアンにサラダランチがあれば、もちろんイタリアンを選びますよね。

パスタやピザになるようであれば、和食を食べに行った方がいいのです。和食の中でも、肉料理の定食、魚料理の定食、野菜料理の定食なら、野菜→魚→肉料理の順番にした方がよいということになります。

主食はできるだけ控えてください。手をつけないですめば、つけないこと。つけなくてはいけない場合には、少量食べてお百姓さんごめんなさいですが、ちょっとお箸で潰して、食べたけど少し残したように見せたり。

食べたくて食べに行く場合には大いに楽しんでいただき、仕方なくお付き合いで食べるときには、ダイエットに影響しないよう少し工夫してみてくださいね。

ただし!太ると思って食べると、人間のカラダは本当に太るホルモンがでるそうです。なので、人間あきらめも肝心 笑。逃げられない!と思ったときは、大いに楽しんで、おいしく食べるのが一番です。

あーこれ食べたら太るんだあ。やだなあ。。。(-“-;)なんて思わないで、罪悪感なしに確信犯で思い切り楽しんで食べて、その後また仕切り直せばいいのです!

卒業後、甘いものや主食を食べ過ぎてしまったときには、どうすればよいのでしょうか?

食べ過ぎても、本気の体脂肪になる前に退治しちゃえば大丈夫です!

人間のカラダは、今の状態を維持しようとする恒常性が働いています。 ということは、卒業後のカラダは痩せた状態を維持しようとしているわけです。

だから、時には食べ過ぎても食べ過ぎが習慣なる前に調整すれば、元の体型にちゃんと戻れるわけです。

いつもいつも太らない食事を続けるのは、現実的に無理なので食べ過ぎたら必ず調整する!この調整の仕方をナカメ実践中にカラダで覚えていきましょう。

たとえば、昼はパスタ、夜はお好み焼きを食べに行きましたー(T0T) なんて日には、炭水化物(糖質)を3日分まとめて食べたと思って、食べた前後の日、もしくは食べた日の翌日と翌々日の2日間は、野菜やお肉お魚などを中心に、主食や間食、甘いものは控えれば良いんです。

そうすれば、にっくき体脂肪に変ってカラダに付いてしまう前に退治できちゃいますから。

最初のうちは、難しく思えてもカラダの声に耳を澄ましながら試していけばだんだんとわかってくると思います。

それが分れば、もう怖いものなしです。

自然と食べすぎを調整できるようになってしまいます!そうすると上手に維持できるようになって自然にリバウンドも防げるようになります。

ナカメダイエットで重要な半身浴と睡眠、帰宅が遅い場合、どちらを優先させるべきでしょうか?

絶対に睡眠です!

0時をまわっている場合には、1分1秒でも早く寝るようにしてください。

早く寝ないと、体重は落ちても、なかなか体脂肪が減りません。

寝る時間が遅いだけで、他はすべて守っているのに落ちないなんて もったいなさすぎです(T0T)

下半身太りの方は、サイズダウン整体で部分痩せさせながら代謝の悪い下半身を温めていくと上半身と下半身のサイズの差が縮まりキレイに痩せられます。

2択の時は睡眠優先ですが、ダイエット半身浴も朝でも夜でも構わないので1日1度するようにすると上手く痩せられますよ。

【寝る子は痩せる】が合言葉のナカメ式ダイエットです。

便秘気味なので、ヨーグルトを食べたいのですが、下半身ダイエットに影響はありますか?

ヨーグルトはナカメ中には不向きなので、食べることはおススメしていないです。

チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品は、体重・体脂肪が落ちにくくするようです。これらを頻繁に食べていたせいで、結果が出なかったお客様もいらっしゃいます。

中には、知らずに食べていたけれど痩せている!な素敵なお客様もいましたが、えーそれなら食べるのやめてみる!!と食べるのをやめてみたら、さらに驚くほど痩せてあたしもびっくりしました!そのお客様はチーズでしたが、こうも違うんだぁという感じです。

もちろん、痩せ方に影響があるかもしれないと知った上で”食べたい!”ということであれば、1週間に1度ぐらい食べるのは大丈夫です。我慢しないで下半身痩せ出来るのがナカメ式ですから!


初めての方限定特典 初回 13,000円(税込)(2回目以降11,000円)→6,500円(税込) 50%OFF ご予約時にホームページを見たとお伝えください。
初めての方限定特典 初回 13,000円(税込)(2回目以降11,000円)→6,500円(税込) 50%OFF

※ご予約時にホームページを見たとお伝えください。

松山下半身ダイエット専門整体サロン

住所

〒790-0812
松山市松前町3丁目1-2 門田ビル1F

TEL

089-916-7773
(※施術中はお電話に出られない可能性がございます。)
営業時間
9:00~21:00
(最終受付20時)
×
LINE@ メール TEL